DONQ

ニュースリリース News Release

2012/10/19
- パリ発・本格派ブーランジュリー 日本初上陸! -
「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」
大阪「阪急うめだ本店」に1号店、10月25日(木)オープン
仏政府認定のビオ小麦粉などこだわり素材のパン
株式会社ドンク(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:友近史夫)は、フランス・パリで展開する本格派ブーランジュリー「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」の日本第1号店を、2012年10月25日(木)、阪急うめだ本店に出店いたします。
 「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」は、パン激戦区、フランス・パリ5区のモンジュ通りで店を構える本格派ブーランジュリー※1です。2005年にパリのパンガイド誌でもベスト5に選ばれ、現在でもパリジャンがバゲットを求めて行列を作るほどの人気を誇ります。そんなパリジャンの生活に欠かせない味となっている店のこだわりは、「素材」。フランスで最もグレードが高いとされるビオ※2認定基準「ABマーク」を取得した小麦粉などからだに優しい素材を取り入れて、パン本来の味わいを大切にしています。

 「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」が、フランス国外に海外展開するのは今回が初めてです。その海外第一号店となるのが「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ 阪急うめだ店」。現地パリで研鑽を積んだパン職人が、素材にこだわるパリ店の味を再現いたします。
 当店の主力商品は、パリのお店の看板商品である「バゲットモンジュ」や「パン・オ・ルヴァン」といった伝統的な食事パンです。また、歴史あるフィガロ紙のグルメコンテストで1位に輝いた、りんごのタルト「タルトレット・オ・ポム」や、日本だけの限定商品など、約70品を取り揃え、バリエーション豊かなラインナップでお客様にご提供いたします。
※1.ブーランジュリーとは、フランス語で「パン屋」という意味
※2.ビオ(bio)とは、 ビオロジックの略でオーガニック(無農薬有機農法)のこと
■ 店舗概要
名称:ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ 阪急うめだ店
オープン:10月25日(木)
住所:大阪府大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店B2階
営業時間:日~木曜日 10:00~20:00 /金・土曜日 10:00~21:00
※阪急うめだ本店に準ずる
TEL&FAX:06-6313-1430
アイテム数:約70品 (うちビオ小麦商品:24品)
■ 「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」商品のご紹介(一部)
食事パン
バゲットモンジュ
税込336円

ビオ小麦粉と自家製ルヴァン発酵種を使い、もちっとした食感、深い味わい、 パリッとした皮が特徴のモンジュのバゲット。
パン・オ・ルヴァン
税込630円

仏産ビオ小麦粉と小麦全粒粉、自家製ルヴァン発酵種を使ったモンジュのスペシャリテ。
トゥルト・ド・セーグル
税込630円、1/2税込315円

ライ麦を60%使用した本格的なライ麦の食事パン。
バラエティ(食事パン サンドウィッチ
カンパーニュ・オ・レザン
税込840円

自家製ルヴァン発酵種を使用した生地にレーズンを練りこんだ食事パン。
カスクルートモンジュ
(ジャンボン・フロマージュ)
(税込504円)

パリのカスクルートの定番ブリーチーズとロースハム。
クロワッサンサンド
(ウフ・レギューム)
税込483円

モンジュ自慢のクロワッサンにたまごと野菜をサンド。
ヴィエノワズリー
タルトレット・オ・ポム
税込368円

仏・フィガロ紙で№1に輝いたパリで一番美味しいりんごのタルト。
クロワッサン
税込210円

ビオ小麦粉と発酵バターを使ったモンジュのクロワッサン。
■ ご参考情報:「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」の変遷
1999年パリの5区に、モンジュ通りに1号店をオープン。
1キロ半近い距離のモンジュ通りには、たくさんのパン屋が店を開いている中、たちまちその地区で人気のパン屋になる。
2005年パリのパン屋ガイド誌にてベスト5に選ばれる。
平日は1,600人、週末は2,000人が訪れる人気店に成長する。
2010年2号店をパリ2区、モントルギュイル通りにオープンする。
2011年パリ5区に3号店をオープンする。現在もなお、昼と夕方は外まで行列ができるほどの人気。
バゲットは、平日で900本、週末には1,300本売れる。
2012年仏・フィガロ紙の「タルト・オ・ポム」コンテストで20を超えるブーランジュリー、パティスリーの中からモンジュのりんごタルト「タルトレット・オ・ポム」が1位に選ばれる。
PDFダウンロード画像ダウンロード