Galette des Rois -La fete des Rois-

ご家族やお友達と一緒に、フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」で新年をお祝いしてみてはいかがでしょうか?
※商品の中には、陶器の人形の代わりに「アーモンド」を入れております。気をつけてお召し上がりください。別途フェーブをお付けしております。

ガレット・デ・ロワの歴史 L'historie
ガレット・デ・ロワは、1月6日の公現祭(キリストの生誕を知った3人の賢者が東方から祝いに駆けつけたといわれる日)にフランス全土で食べられる、お祝いの伝統菓子です。
ガレットgaletteとは「円形の平たいお菓子」、ロワroisは「王様」のことで、「falette des rois=王様の菓子」という意味になります。
1世紀頃フランスの協会では、パンに貴下を隠して切り分け、当たった人を後継者としていた習慣がありました。それが一般家庭にも広がり、現在の公現祭の風習(フェーヴと呼ばれる小さな陶器製の人形が入ったガレットを、家族や仲間と集まって切り分け、当たった人は一日王様になることができる)になったとされています。
フェーヴfeveとは、もともと「そら豆」という意味で、古代から命のシンボルとされていました。19世紀頃、パリのお菓子屋さんが陶器製の人形を入れ始めて以来、そら豆から恥じまたtフェーヴは現在では様々なキャラクタ0を模した陶器になり、フェーヴを集めて楽しむコレクターもいるほどになりました。

ガレット・デ・ロワの楽しみ方 L'historie1 ドンクのガレット・デ・ロワには、フェーヴの代わりにアーモンドがひと粒入っています。ドンクオリジナルフェーヴと、王冠もついています。3 自分のガレット・デ・ロワにアーモンドが入っていたら当たり!往還とフェーヴをもらえます。
2 人数分に切り分けます。4 フェーヴ代わりにアーモンドを引き当てた人にとって今年は幸運の年です!王冠を頭に載せて、あなたはその日一日、王様・女王様になることができ、皆から祝福されます。

close

boulangerie DONQ francaise