DONQ

パンに恋して

2008年秋号

Backnumber
Jaime le pain パンに恋して 2008年秋号
CONTENTS MENU
特集●行楽に食べたい、秋のサンドイッチ
パンの粉は何種類? 食育コラム
ミューズリーブロート とっておきのパンの話
南仏の薪焼きブーランジュリー フランス通信
イタリア発酵菓子 サンレモフェア TOPIC
白桃ジャム 数量限定販売

とっておきのパンの話

ミューズリーブロート

ミューズリーブロート

「ミューズリー」とは、 コーンフレークやグラノーラなどと同様、シリアルの一種で、オートミールをベースに様々な穀物をブレンドし、ドライフルーツ、ナッツを混ぜたものです。ドンクのミューズリーブロートは、生地にオートミール、亜麻の実、ひまわりの種、ゴマ、サルタナレーズンを合計で生地全体の20%量混ぜ込み、サワードゥを使ったライ麦70%のパンです。じっくり焼くことでコクと旨みを出し、独特のもっちりした食感が生まれます。
ドイツではこのようなシリアルを使ったパンが朝食によく食べられています。通常の食パンなどよりも食物繊維が多く含まれ、ビタミン、ミネラルも摂れるので、野菜無しでもハムやチーズを挟めば、忙しい朝に最適な一品になるのではないでしょうか。
収穫の秋にちなんで、ミューズリーブロートを美味しく、シンプルに召し上がってみてはいかがでしょう? ポイントはパンを薄く切ることです。

ドンク生産本部 技術開発・研究 佐藤尚子

フランス通信 vol.10 パリ在住フードジャーナリスト・加納雪乃

南仏の薪焼きブーランジュリー

南仏の薪焼きブーランジュリー

パン作りにおいて、窯の存在は大切だ。今では電気で熱をおこす窯がほとんどだが、時折、昔ながらに薪で火をおこしてパンを焼く店を見かける。
南仏プロヴァンス地方、風光明媚な小さな村ラ・カディエール・ダジュール。ここにも、150年以上前の古い石窯に薪で火をおこしてパンを焼く、その名も「オ・ヴュー・フール(古いかまど)」という名前のブーランジュリーがある。
毎朝2時半に火入れをし、3〜4時間かけて奥行き3mの窯を温めてから、パンを焼く。薪焼きのパンは、どれもかなり焼き色をつけたワイルドな仕上がり。しっかりした歯ごたえや香ばしい匂いに、伝統的な窯で焼くパンならではの個性を感じる。
ちなみにこの店は、フランスの子どもたちに食育を行う「味覚週間」にも毎年参加。ここでも、パンというフランス人にとって非常に大切な食文化の伝統を啓蒙している。

page up
イタリア発酵菓子 サンレモフェアパネトーネ西地区(静岡県以西) 9/12(金)〜9/18(木)
東地区(神奈川県以東) 10/3(金)〜10/9(木)パンドーロ

北イタリア発祥の伝統的なイタリア発酵菓子「パネトーネ」と「パンドーロ」でおなじみの『サンレモ』ブランドから、秋の素材を使った期間限定商品をお届けします!

マローネ ピラーミデ

マローネ ピラーミデ
税込 273円

「マローネ」とはイタリア語で「栗」のこと。
イタリアは世界有数の栗生産国で、秋になると各地で栗の収穫祭が開催されるほど、栗は食生活には欠かせない食材のひとつです。香り高いイタリア産の栗を使用した、ソフトなパンドーロ生地のイタリア発酵菓子をご賞味下さい。
パネトーネ・グランデ

パネトーネ・グランデ
ホール 税込 3,465円
1/6カット 税込 578円

パネトーネの特大サイズ。通常サイズの約2倍の生地量(1,400g)で、ふんわりとした食感に焼き上げました。サルタナレーズン、オレンジピール、シトロンピール入り。パーティーや手土産におすすめです。
page up
国産の果実で作った“旬ジャム” 9月は「白桃」 9月1日(月)より全国一斉発売 白桃ジャム

今年収穫したばかりの完熟白桃でジューシーなジャムを作りました。
一つひとつていねいに皮をむいて、煮つめたジャムには、素材本来の甘さ、食感、みずみずしさが生きています。パンはもちろん、スコーンやヨーグルトにもどうぞ。
次回11月は「紅玉」が発売です。

白桃ジャム

白桃ジャム(150g)
税込 630円
※数量限定販売です。
お早めにお試しください。