DONQ

パンに恋して

2008年夏号

Backnumber
Jaime le pain パンに恋して ete 2008年夏号
CONTENTS MENU
特集●フランスパンでスイーツ!
パンはどうしてふくらむの? 食育コラム
餡パン とっておきのパンの話
パリのバゲット・コンクール フランス通信
ドンクフランスフェア TOPIC
「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2008」レポート
フランスパンでスイーツ!ドンク自慢のフランスパンがスイーツに変身!口当たりがさっぱりとしたフロマージュ、酸味のきいたフルーツなど、食材との組み合せ方次第で、ひと味違ったパンの楽しみ方が生まれます。おやつ、デザート、おもてなしに、爽やかな夏のひと時をどうぞ。
※材料は作りやすい分量で表示しています。
完成写真
ブール×粒あん&フロマージュブラン

[材料]
ブール(小)……………お好みの枚数
粒あん……………適量
フロマージュブラン……………適量
[作り方]
1 ブールは1センチ幅に切る。
2 1に粒あん、フロマージュブランをぬる。
※フロマージュブランの代わりに、砂糖を加えて泡立てた生クリームや、クリームチーズ、マスカルポーネなどもよいでしょう。

シャンピニヨン×カラフルなフルーツ

[材料]<3人分>
シャンピニヨン……………3個
キウイフルーツ、パイナップル、
パパイヤ……………各20g
ラズベリー……………10g
生クリーム……………100cc
砂糖……………大さじ1
[作り方]
1 シャンピニヨンはイラストのように底面に十文字の隠し包丁を入れる。上部を切り取り、中身をくり抜く。くり抜いた中身は食べやすい大きさに刻んでおく。
2 フルーツは、大きさをそろえて切る。
3 生クリームに砂糖を加え、7分立てにする。1のパンの中身と2のフルーツ(飾り用に少し残しておく)を加え、ざっくり混ぜ合わせる。
4 3をシャンピニヨンに詰め、残しておいたフルーツを飾り、切り取った上部をのせる。食べる時は、手でちぎりながらいただく。

完成写真

説明イラスト


完成写真

説明イラスト

バゲット×オレンジ&チョコレート
[材料]<5〜6人分>
バゲット……………1/4本
オレンジ………1個〜1個半
チョコレート(ビター)……70g
A

砂糖…………100g
水……………200cc
グランマルニエ(またはブランデー)
……………大さじ1強

ミントの葉……………適量

アイスクリーム(バニラ)……………適量
[作り方]
1 バゲットは3〜4ミリ幅の薄切りにする。
2 オレンジの皮は白いわたごとりんごのように包丁でむく。イラストのように包丁を入れ、1房ずつ、実だけを切り離す。さらに1房を2枚にスライスする。
3 チョコレートを湯せんで溶かし、ハケで 1の片面に薄く塗る。チョコレートが固まるまで、冷蔵庫で冷やす。
4 Aを合わせ、バットなど深さと面積のある容器に流し入れる。
5 3をチョコレート面を上にして 4の液に浸し、しばらく置く。
6 器に52を順に重ねて、ミントを飾る。アイスクリームと一緒にいただくのがおすすめ。
page up

食育コラム パンはどうしてふくらむの?

小麦粉
1
パンの材料である小麦粉の中には、「グリアジン」と「グルテニン」という2つのたんぱく質があります。
こねる
2
小麦粉に水を加えてこねる(力を加える)と、この2つがいっしょになってグルテンになります。
アミのような状態のグルテン
3
さらにこねると、グルテンはアミのような状態になっていきます。
酵母
4
一方、酵母は、小麦粉の中の糖をとりこんで、炭酸ガスをたくさん出します。
パンのいい香り、味もここで生まれます。
炭酸ガス
5
たくさんの炭酸ガスをグルテンのアミがとじこめ、生地は風船みたいにふくらんできました。
出来上がり
6
そのままオーブンで焼くと、ふっくらした状態をキープ。おいしいパンができあがります。